「厚揚げとニラとキャベツと豚ひきのみそ炒め」を作ってみました

本日のディナーは「きのう何食べた」2巻の27ページに登場する「厚揚げとニラとキャベツと豚ひきのみそ炒め」です。私もシロさんにならって、おかずが味噌味の時は、お味噌汁ではない汁物にするようになりました。たしかに味噌味と味噌味より、別の味の方がうれしいですよね。勉強になります。

「厚揚げとニラとキャベツと豚ひきのみそ炒め」に必要な食材

厚揚げ ニラ キャベツ

長ネギ ショウガ ニンニク

豆板醤 豚ひき肉 酒

味噌 砂糖 醤油

水溶き片栗粉

「厚揚げとニラとキャベツと豚ひきのみそ炒め」の作り方

①厚揚げ・ニラ・キャベツ・長ネギ・ショウガ・ニンニクを刻みます。

ニラは4.5センチと言われるとやっぱり定規がほしくなります。そして、ショウガとニンニクは安定のチューブです。だって無理だもん。

②長ネギ・ショウガ・ニンニク・豆板醤を油で炒め、豚ひき肉を入れて炒める。

ショウガとニンニクと豆板醬を炒めるのは非常に危険です。めっちゃ跳ねます。飛んできます。そして熱いです。炒める際は避難しています。

そして、このメニューは中華っぽいので、中華鍋を使いたいところですが、もちろん私は持っていないので、同じ鉄製のスキレットを使うことにより、中華に寄せていきます。

ちなみにスキレットを洗う際は、洗剤を使ってはいけないので、洗剤を使わず、水だけで汚れが落ちる、レックのコゲ落ちくんがおススメ。本当に汚れが激落ちです。詳しいスキレットのお手入れ方法はこちら

③肉が炒まったら、厚揚げ・キャベツ・調味料を入れる。

本どおりに作ると量がモリモリです。一応調整したつもりだったんですが、量が半端ないです。キャベツがしんなりして量が減るように祈ります。

味付け用の味噌は液状タイプの味噌の方がおすすめです。混ざりやすいので、味が偏らないです。私のお気に入りはひかり味噌の円熟こうじみそ液状タイプです。

④最後に、水溶き片栗粉でとろみをつけ、ニラを入れて加熱して完成です。

なんか、水溶き片栗粉に慣れてきた気がします。成長です。多分。

「厚揚げとニラとキャベツと豚ひきのみそ炒め」を作ってみた感想

ちょっとした中華味でおいしいです。味噌味なのに中華の香りがします。豆板醬がきっと大きな仕事をしているのです。お野菜たくさんで、ヘルシーですし。しかし、量がやばいです。キャベツがしんなりして量が減るのを待ち望みましたけど、あんまり効果はありませんでした。残念です。いや、食べましたけどね。美味しかったので、ペロリです。次からはもっと調整しよう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク