前野ウルド浩太郎著「バッタを倒しにアフリカへ」 感想

前野ウルド浩太郎氏著「バッタを倒しにアフリカへ」を読みました。インターネットの記事でこの本が紹介されており、興味を持っていたのですが、すっかり忘れていたところ、先日ふらっと本屋に立ち寄った時、この本が平積みされていたのを見かけて購入しました。家に帰って一気に読んでしまいました。面白くて、興味深い本でした。

前野ウルド浩太郎氏著「バッタを倒しにアフリカへ」

ファーブルの昆虫日記に夢中になり、バッタが大好きな著者が、バッタ研究で身を立てるべく、アフリカの実地研究に旅立ち、山あり谷ありで研究にまい進する話だと思います。

感想

まず思ったのが、著者さんの夢が「バッタに食べられたい」って・・・。そんな夢ってあるのっていう衝撃です。しかも、初志貫徹で本当に全身緑スーツをアフリカの国立公園のど真ん中で着用し、夢をかなえようとするなんて、もう衝撃を通り越した笑劇です。いや、きっとすごい研究者さんなんですけどね。違う意味でもすごすぎる。

それにしても、バッタの大群被害って現代でもあるんだと驚きました。私の中では、昔のアメリカでの大問題で今はもうないんだと勝手に思っていました。大草原の小さな家的なイメージです。たしかそんな話があった気が...。モーリタニアでは対策のバッタ研究所まであり、作戦を失敗したら大統領に怒られるなんて、飢饉にまで発展するなんて、そんな大事だなんて驚きです。知りませんでした。

研究職で身を立てるって大変なんだなあと思いました。私自身が習ってきた教授たちもこんなふうな難関を乗り越えて教授職に就いたんだろうかと思ってしまいました。そういえば、私の担当教授だった方から教授の席自体が少なく研究職に進むかどうか非常に悩んだ話を聞いたことがあったなあと思い出しました。どんなに立派な研究でも、収入や研究費用がないことには研究自体が難しくなりますよね。

また、本を読む中で、知らないことがたくさん出てきて、それを知ることができ、とてもワクワクしました。大好きなハリネズミさんがアフリカでは野生でひょっこりでてくるんだあとか、ホントにヤギがごちそうなんだとか、裏ヤギとか、前にテレビで見かけた築地銀だこの合弁会社はホントにモーリタニアのためにもなってるんだなあとか、日本の支援が少しは役に立ってるんだなあとか、テレビで前に見た子どもが塩の切り出しをしてるところはホントにあるんだなあとか、サソリに刺されてもおまじないだけなの~とか、大使館頼りになる~とか、バッタに関することだけじゃなく色々とワクワクが止まりません。

著者の方はファーブル大好きな感じと見受けられるのですが、私も幼いころにファーブル昆虫記を読みましたが、フンコロガシってスカラベなんだあぐらいしか思わなかったので、読み手によって本の影響力の違いを感じました。でも、著者さんがフランスの方に日本で一番有名なフランス人を聞かれてファーブルだと答えていらっしゃるようですが、実際誰なんだろうとちょっと気になりました。私の中で有名なフランス人といえば、最初はマリーアントワネットとかナポレオンとか思ったんですけど、よく考えてみれば、マリーアントワネットはオーストリアの人だったし、ナポレオンはコルシカ人ですよね。ん?コルシカ人はフランス人てことでいいのかな?とか考えて、結果出てきたフランス人はルイ14世とかルノワールとかロベスピエールとかかなあ。でも日本で一番有名と言われると誰ですかねえ。

それはともかく、この著者の方の文章力はすごいなあと思いました。引き込まれます。おもしろいです。そして、アフリカでのなかなかワイルドでデンジャラスな研究をする行動力もさることながら、いろいろな方の助けを得られるのはきっと著者さんの人徳なんだろうなあと感じました。

ちなみに、読んでいて思ったのですが、察するにおそらくこのバッタ退治は現状では明け方暑くなってから行ってますよね。薬剤散布がどんな感じなのか記載があまりないので、分かりませんが、バッタが夜に木的なところに集まって動かなくなるなら、そこに散布した方が効率いいし、環境被害も少なくないかなあと思いました。勝手な素人考えなので、分かりませんけど、読みながらそんなことを考えていました。

何はともあれ、一気に読んでしまうほど面白かったです。このバッタ研究がアフリカの食料問題の一助となるといいなあと願いました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク