「キャベツと炒り卵のいためもの」を作ってみました

本日のディナーは「きのう何食べた」2巻52ページに登場する「キャベツと炒り卵のいためもの」を作ってみました。

「キャベツと炒り卵のいためもの」を作ってみました

にんじん消費のために作りました。これを作ったことで、残りの人参はあと1本です。もうちょっとで完食です。

「キャベツと炒り卵のいためもの」に必要な食材

キャベツ にんじん

卵 しょうが

ねぎ 鶏がらスープの素

塩 ごま油 黒コショウ

「キャベツと炒り卵のいためもの」の作り方

①卵で炒り卵を作ってボールにあける

本には特に書いていなかったですが、私的には炒り卵に塩を入れて作った方が、全体的バランス的によかったかなとか思ってみたりしました。

②にんじんを短冊切り、キャベツをざく切り、ショウガ・ネギをみじん切りにする

ショウガは安定のチューブです。あの複雑な形状のものを一体どうしろというのか私にはまったくわかりません。

③ネギとショウガを油で炒めて、にんじんを入れ、油が回ったら、キャベツを入れる

実は、私、お味噌汁を作りながら、このメニューを作っていたんですが、お味噌汁のお鍋のふたの置き場がなくて、このメニューを作っているスキレットにとりあえず蓋を置いたんですが、なんか結果よかったのか、悪かったのか、キャベツがしんなりして、私的にはいい感じになりました。

ちなみにスキレットのお手入れにはコゲ落ちくんがおススメ。洗剤なしで汚れが本当に落ちます。詳しいお手入れ方法はこちら

④鶏がらスープの素、塩で味付けして、炒り卵を戻して、ごま油、黒コショウをひいて完成

うーん。味が均等になるように味付けをするって難しくないですか?なんかこつとかあるのかなあ。

黒コショウをかけるなら、DROGHERIAの黒コショウがおすすめです。本物のコショウの粒が入っていて、ミル付きのパッケージなので、使うときに削って使うので、市販の他の商品と香りが全然違います。

「キャベツと炒り卵のいためもの」を作ってみた感想

素朴な家庭料理な感じで、おいしかったです。若干中華風味な感じです。

お野菜がもりもり入っているので、健康的な感じでうれしいのですが、私的にはお肉感もほしいなあと思ってしまいます。シロさんみたいに何品もちゃんと作りたいですが、正直そこまでは無理なので、お野菜とお肉両方入っているメニューの方がうれしいのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク