「なすとピーマンと豚肉のみそ炒め」を作ってみました。

本日のディナーは「きのう何食べた」2巻90ページに登場する「なすとピーマンと豚肉のみそ炒め」です。単純にピーマンが安かったのです。それだけです。私のメニューの決め方はだいたいこんなもんです。他の方々はどうやってメニューを決めてるんでしょう。少なくとも私は食べたいものとかないんですよね。

「なすとピーマンと豚肉のみそ炒め」に必要な食材

豚肉 醤油 酒

コショウ 片栗粉

なす ピーマン

にんにく ショウガ

ネギ タカノツメ

味噌 砂糖 みりん

醤油

「なすとピーマンと豚肉のみそ炒め」の作り方

①豚肉に醤油・酒・コショウ・片栗粉をまぶす。

豚肉はいつもどおり小間切れです。切らなくていいから便利って思ってるんですが、もしかして本来の使い方ではないのかしら。

②なす・ピーマン・にんにく・しょうが・ネギ・タカノツメを切る。

お野菜は少なめに調整済みです。本通りの分量だとモリモリです。ていうか、フライパンに入らないと思います。まあ、本は男性2人分のレシピですしね。シロさんのフライパンはどんだけ大きいんだろう。そんなの売ってるのかな。見たことない。

このメニューは結構生ごみが出るので、キッチンエコスタンドがあると便利です。詳しいレビューはこちら。ピーマンってホントに生ごみがたくさん出ますよね。

③フライパンでにんにく・ショウガ・ねぎ・タカノツメを炒め、香りがたってきたら豚肉を炒める。

チューブのニンニク・ショウガの欠点は、単独で炒めると、めっちゃ跳ねまくって危険ってとこでしょうか。とりあえず、香りがたつまでちょっと距離をおいてます。

④肉の色が変わってきたらなすを入れて油がまわるまで炒める。

この油がまわるまでってどんな状態なのでしょう。初心者向けの料理本にもよく出てくるんですけど、具体的には書いてないんですよね。つまり、適当です。とりあえず、てりっとしたとこで油がまわったことにしました。

⑤ピーマンを入れて残りの調味料で味付けして完成。

私が初心者だからかもですけど、味噌を全体に混ぜるのって難しくないですか。かたまりにならないように苦心しています。どうすればいいの~。

~2020年6月後日談~

味噌味に味付ける時に味噌が塊になって偏るのを防ぐ方法を発見しました。

液状味噌を使えばよいのです。とっても便利ですよ。失敗なしです。

「なすとピーマンと豚肉のみそ炒め」を作ってみた感想

おいしいです。お味噌のこく、というのでしょうか。好きな味です。お野菜もいっぱいだし。やっぱり、よしながふみ様はすごいなあ。ご飯がすすむお味です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク