「にらと卵のスープ」を作ってみました

本日のディナーは「きのう何食べた」は6巻140ページに登場する「にらと卵のスープ」です。本では結婚式のご祝儀の話ですが、本当に大変ですよね。ていうか不思議な制度だと思うんです。

「にらと卵のスープ」に必要な食材

水  鶏ガラスープの素

みりん  ニラ

卵 塩 コショウ

「にらと卵のスープ」の作り方

①水・鶏がらスープの素・みりんを火にかけ、その間にニラを刻み、卵を溶きほぐす。

②スープが煮立ったら、塩コショウ入れて味を調整した後、卵を流しいれ、火を止め、ごま油をたらす。最後にニラを入れて火を通し、完成。

味見をしたところ、どうやらみりんが多かった気がして、甘って感じなので、ちょっと鶏がらスープの素を足してみました。

そして、ニラに火を通しすぎた気がします。

さらに、最後の悩み、卵がほぼ一塊なる。なぜ。細く入れたのに。

「にらと卵のスープ」を作ってみた感想

ちょっといろいろありましたが、おいしかったです。中華風かきたま汁ということで、ごま油がきいてる感じです。簡単においしくできるので、素敵メニューです。

美味しかったのはきっとこのル・クルーゼのお鍋のおかげもあると思う。自分の実力を底上げです。詳しいレビューはこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク