【解釈まとめ】「スタンフォード式最高の睡眠」を読んだ結果どうすればいいのか

本日のブログは、「スタンフォード式最高の睡眠」を読んだ結果どうすればいいのかご紹介したいと思います。

中田敦彦さんがYouTubeで紹介したことで有名な「スタンフォード式最高の睡眠」ですが、睡眠をちゃんとしないと太るらしいです。なので、ダイエットしたい方には必読の本ですね。睡眠は美肌にも必須です。

そこで今回は、「スタンフォード式最高の睡眠」をどう実践するのかをご紹介したいと思います。

関連商品として、枕やマットレスまで発売されているみたいです。

最高の睡眠を得るためのタイムスケジュールを私なりに解釈してまとめると、

朝起きるとき

  1. 朝起きる時にちゃんと日光を浴びて起きれるように、「めざましカーテン」が開くように設定しましょう。(これで、体内時計が調整されます)
  2. そして、アラームは、1回目は小音で短く、2回目は20分後に普通の音で設定しましょう。
  3. 軽い運動をしましょう。激しい運動はダメなので、ラジオ体操くらいが良いのではないでしょうか。
  4. 朝ご飯でちゃんと噛むことが大事らしいです。私はアーモンドをポリポリ食べています。

ちなみに、1に書いためざましカーテンですが、寝室に遮光カーテンを使っている方に必須アイテムです。朝起きる時に日の光を浴びることができるように、自動でカーテンを開けてくれる便利グッズです。スマホで起きる時間を設定するだけの簡単設計です。

食事をする(PM7:00)

睡眠の3時間前までに食事を済ませましょう。美容のゴールデンタイムと言われる10時に寝るとしたら、7時には食べる必要があります。

要約「40歳からは食べてはいけない病気になる食べ物」を見た結果、じゃあ何を食べればいい

お風呂に入る(PM8:00)

体温を上昇させるために寝る90分前にはお風呂に入りましょう。10時に寝るとして、8時くらいが最適です。

そして、絶対に、シャワーではなく、湯船に15分間浸かりましょう

私は、15分って意外と長いので、タブレッドやスマホでYouTubeやAmazonプライムビデオなどの動画を見てます。バステーブルがあると、とっても過ごしやすく15分を楽しめます。

入浴後就寝まで

寝る前90分は、光を浴びず、脳を使ってはいけません。なので、仕事をしてはいけないし、スマホをみたりしてもいけないらしいです。

そして、寝る時は靴下を履いてはいけません

これらをルーティーン化して毎日続けると、最高の睡眠が得られるらしいです。


「スタンフォード式最高の睡眠」の実践方法を私なりに解釈してまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。

私は、実践してみて結構効果がありました。

私流、不眠解消法

興味がわいた方は、マンガ版もあるので、是非読んでみてはいかがでしょうか。

最高の睡眠を実践して、一緒に美肌と健康を手に入れましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク