「ツナサラダ」を作ってみました。

本日のディナーは「きのう何食べた」2巻の15ページに登場する「ツナサラダ」です。先日のオイスターソース炒めで余ったセロリを消費しようという作戦です。

「ツナサラダ」に必要な食材

セロリ きゅうり

ツナ レタス

にんにく 砂糖

ドレッシングビネガー

塩 黒コショウ

「ツナサラダ」の作り方

①きゅうりは縦半分に切って薄切り、セロリも薄切りにする

マンガを見たところ斜めに薄切りのようです。セロリの繊維を切るためでしょうか。斜め切りって苦手です。切っている、はじめと中盤のサイズが全く違って非常に気になります。私が下手なのでしょうか。

②ニンニクのみじん切りとツナと砂糖・ドレッシングビネガー・塩コショウを混ぜてドレッシングにする

ニンニクをみじん切りにするなんて無理だから、お馴染みのにんにくチューブを使用です。ドレッシングビネガーは、この話の最後にお酢やワインビネガーでもいいって書いてあったので、私は赤ワインビネガーを使用しました。そして、塩コショウは私の大好きなダイショーさんの味塩コショウを使っていきます。この効率的な天才的商品が大好き。

「ツナサラダ」を作ってみた感想

美味しかったです。でもツナサラダという割に、ツナは1人前4分の1缶しか使わないので、あまりツナ感がありません。でも、やっぱり私はセロリが好きです。

しかも、今回残念なことに、砂糖が完全に結晶になって塊になってて砕けなかったので、全く味に参加していませんでした。おしかったですけどね。でも本当はもっと違う味わいなんだろうな、と思った今日のディナーでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク