「うなぎと高菜と卵の混ぜごはん」を作ってみました。

本日のディナーは「きのう何食べた」3巻124ページに登場する「うなぎと高菜と卵の混ぜごはん」を作ってみました。今年は2回土用の丑の日があったので、がっつりウナギを食べました。その残りの部分でこのメニューを作りました。簡単にできちゃいました。

「うなぎと高菜と卵の混ぜごはん」に必要な食材

米 塩 卵

油 うなぎ

高菜

「うなぎと高菜と卵の混ぜごはん」の作り方

①普通にご飯を炊く

②卵に塩を入れて炒り卵を作る

ちなみに、私はフライパンではなく、簡単に電子レンジで作りました。溶き卵にしてから、レンチンです。爆発しないように細心の注意を払います。(良い子の皆様はマネしないでね)そして、塩を入れ忘れました。うっかりさんです。

③ウナギを刻みます

ウナギを刻むときに一番嫌なのは手がマジで汚れることです。タレが!タレが!!タレが!!!って感じです。

そして、ウナギがちゃんときれいに切れない方、包丁の切れが悪い可能性が高いです。私も包丁を買い替えたら、ボロボロにならずにちゃんと切れるようになったので是非買い替えをご検討ください。私のおススメはヘンケルスの包丁です。

④鰻と付属のたれと山椒を炊飯器にいれて蒸らす

私は実は冷ご飯をレンチンして作ったので、この工程は再現できませんでした。これをやった方が味が変わるのかなあ

⑤10分たったら高菜と卵を入れて混ぜる

混ぜましたけど、私はきっと混ぜるのが苦手なんだなあと思いました。なんか偏ってます。

うまく混ざらない。容器が小さいせいにしてもいいですか。

「うなぎと高菜と卵の混ぜごはん」を食べてみた感想

おいしかったです。しかし高菜がなんか甘かったせいなのか、なんか非常に甘かった。私はもっと辛めがすきだなあ。と思いましたが、どうやったら辛くなるのか私にはわかりません。おいしかったし、これでいっかって感じです。

ちなみに、高菜なんですが、高菜の油いためって書いてあったんですけど、本当にこれで合ってたのかなあ。高菜って、油いためなんですかねえ。私分かりません。

「きのう何食べた」の「うなぎと高菜と卵の混ぜごはん」は毎年の土用の丑の日のウナギメニューの定番になっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク