「薬屋のひとりごと」を読んでみました。

今回読みましたのは「薬屋のひとりごと」です。私が読んだのは漫画バージョンのビッグガンガン版です。というかコミカライズ版だということを後で知りました。

広告で見て面白そうだなと思って2巻まで読んだところですが、面白いです。次にくるマンガ大賞2019のコミック部門1位だそうです。というわけで、感想を書いていきたいと思います。

「薬屋のひとりごと」

中華風の中世の宮中で、下働きをする女の子が、薬師をやっていた知識を駆使しながら生き抜いていく感じの話です。

感想

主人公の女の子がとても面白いです。

主人公は基本的にはあまり宮中のことに関わりたくない的な態度なのですが、実のところ、お人よしというか根が優しく、人を放っておけない性格です。それでいて、薬師の知識的にはマニア級という、ギャップがたまらなく面白いです。

このマンガの魅力は、主人公のキャラクターだと私は思います。個性の際立ち方が好き。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク