日焼け対策【絶対焼かない】

本日のブログは、日焼け対策法です。

私はもともと色黒だといわれていましたが、今は色白だと言われるようになりました。そこで、私が実践した方法をご紹介したいと思います。

日焼け対策【絶対焼かない】

①日焼け止めを塗る

日焼けの最大の対策は日焼け止めを塗ることです。SPF50+PA++++を絶対に塗るようにしています。

顔には、日焼け止め効果のある化粧下地、体には日焼け止めを塗りましょう。

2、3時間ごとにこまめに塗りなおすことも大事です。ほとんどの日焼け止めは、紫外線吸収剤で紫外線と化学反応させることで、日焼けを防いでいるようなので、古い物を付けたまま塗り重ねるのは肌によくないかなと私は思い、私の場合は、ハンドソープなどでできる範囲で落とした後に、塗りなおしています。

私は以前は日焼け止めの匂いが嫌い過ぎて、つけていませんでしたが、最近は良い香りの日焼け止めがたくさん出ているので、そちらを愛用しています。

おすすめのフレグランス付き日焼け止めはこちらでご紹介しています。

②日傘をさす

日傘も絶対にさすようにしています。日傘は日焼けを防いでくれるだけでなく、日陰を作れるので、涼しく過ごせるところもメリットです。

日傘を選ぶ時の基準は、傘の内側が黒色で、外側が白色もしくはシルバーです。

傘の内側が白系の色だと、照り返しの太陽の光が傘の中で乱反射して、顔にあたりますので、傘の内側は光を吸収してくれる黒色が絶対おすすめです。

また、傘の外側が白系やシルバーなどの色だと光を反射してくれるのでおすすめです。

おすすめの日傘はサンバリア100という日傘です。

③サングラスをかける

日傘をさしていても、コンクリートからの照り返しなど、意外と目からも紫外線を浴びてしまうので、サングラスもかけることをおすすめします。目から紫外線を浴びただけでも、メラニン色素が生成されてしまいます。なので、目の対策も大事。

さらに、サングラスをかけると、なぜか意外と涼しく感じたりするので、おすすめです。

おすすめのサングラスは、ルイヴィトンのサングラス「シャルロット」です。サングラスのケースってアホみたいに分厚くてバッグの中で場所取ってかさばりますよね。でもこのヴィトンのサングラスは、カチッと折りたたむことができて、薄くなり、場所を取りません。ヴィトンなのでお高いけど、めっちゃ便利です。

普段から度入りのメガネをかけている方にはJINSのジンズスイッチがおすすめです。度入りのメガネとサングラスを2wayで使える、簡単なマグネット着脱の商品です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク