【口コミ】ナンバーズインの3番ノーファンデ陶器肌トーンアップクリーム を使ってみた【成分】

本日のブログは、ナンバーズイン3番ノーファンデ陶器肌トーンアップクリームのご紹介です。

ナンバーズイン3番ノーファンデ陶器肌トーンアップクリームは、色々な方がおすすめとして紹介していたりして、皆様気になっているアイテムなんじゃないかなと思います。

そこで、実際に使ってみたので、乾燥するのかなど口コミレビュー使い方成分などご紹介していこうと思います。

【口コミ】ナンバーズインの3番ノーファンデ陶器肌トーンアップクリーム を使ってみた【成分】

本ブログの内容

ナンバーズイン3番ノーファンデ陶器肌トーンアップクリームを使ってみた口コミレビュー【乾燥する?】

ナンバーズイン3番ノーファンデ陶器肌トーンアップクリームは、大好きな女優さんとかもおすすめしたりしてたりして、ずっと気になっていたアイテムで、実際使ってみたんだけど、

すっぴん派の方が使う日焼け止めとしては良いかも。SPF50+,PA++++はやっぱり最強で安心だよね。

ただちょっとペタ付くから、気になる方はパウダーは必須かな。

ペタ付くけど、マスクに付かなかった

ちなみに、私はキャンメイクのマシュマロフィニッシュパウダーを使ってみたけど、ナンバーズインノーファンデ陶器肌トーンアップクリームと一緒に使うには合わなかったと思う。カバー力はあって良いんだけど、なんか肌の凹凸を晒していく感じになりました。

でも正直、すっぴん派ではない私的には、普段使いとしてはちょっと満足できなかったかな。

というのも、ノーファンデ陶器肌トーンアップクリームってことなんだけど、

ノーファンデでOKかどうかって言われたら、ちょっとムリだと思う。

すっぴんがそこそこきれいな人くらいにはなれるとは思うけど、基本的にカバー力はない。赤みとかニキビ跡を隠すとかは無理。

肌がもともとめっちゃキレイな人ならノーファンデでいけるのかもしれない。

私の場合、なんかすごい化粧のり悪い人みたいな仕上がりになりました。一応別の化粧下地と半顔ずつ塗って比べてみたので、私の肌の化粧のりが悪かったわけではなかったと思います。

陶器肌かどうかっていうと正直微妙。違うと思う。

トーンアップしてるかどうかって言われると、少なくとも、もともと色白な私の場合は、トーンアップをあんまり感じなかった。ちょっとはしてるのかもだけど。

今まで色々と、ノーファンデOK的なアイテムを使ってみたけど、やっぱりノーファンデは無理じゃねって思います。

他の方の口コミで、乾燥するってちょいちょい見かけたんだけど、私の場合は、VTコスメティクスのトナーパッドで拭いた後、ニベアの大缶を塗って、このナンバーズイン3番ノーファンデ陶器肌トーンアップクリームを塗るって使い方をして、一日過ごしてみたけど、少なくとも私は、全く乾燥しなかったよ。

テクスチャー的には、ちょっと固めだけど、伸ばしにくいってことはなかった。

下地としても使ってみたけど、特別良いとは感じなかった。

トータル的には、正直なんでみなさんが良い口コミをして、推しまくってるのか分からなかった。

今は休みの日の日焼け止めとして使ってます。

私はあんまりおすすめしない。

ナンバーズイン3番ノーファンデ陶器肌トーンアップクリームの使い方【クレンジングは必要?】

ナンバーズイン3番ノーファンデ陶器肌トーンアップクリームの使い方は、公式さんによると

手に出して、塗ると良いそうです。

落とす時にクレンジングをする必要があるかどうかについては、公式さんは石けんで落ちるとは全く書いてないので、クレンジングは必要だと思います。

少なくとも私が使ってみた感じ、軽いクレンジングや洗顔では完全に落ちませんでした。しっかりクレンジングすることをおすすめします。

ナンバーズイン3番ノーファンデ陶器肌トーンアップクリームの成分【紫外線吸収剤は使われてる?】

紫外線吸収剤が使われているかどうかについては、紫外線遮断成分として、酸化亜鉛が使用されています。

トーンアップ成分として、酸化チタンが使われていて、

美白成分として、ナイアシンアミド

鎮静成分として、ツボクサエキス、イタドリ根エキス、黄金根エキス、茶葉エキス、ローズマリー葉エキス、カミツレ花エキス、カワラヨモギエキス、カンゾウ根エキス、ドクダミエキス、ティーツリーエキス、ローズマリー葉油

保湿成分として、シポリヒドロキシステアリン酸ポリグリセリルー2、トコフェロール、BG,ペンチレングリコール

が使われています。

全成分は以下のとおりです。

全 成分 精製 水、 ジンク オキシド、 シクロヘキサシ ロキサン、 プロパンダ。 二率、 プロピル ヘプチル カプリレート、 カプリリル メチコン、 トリメチル シロキシ シリケート、 ポリグリセリル- 3 ポリジメチル シロキシメチル ジメチコン、 チタンジオキシド、 ナイアシン アミド、 ジシロキサン、 ブチル オクチル サリシレート、 ツボクサエキス、イタドリ根エキス、黄金根エキス、茶葉エキス、ローズマリー葉エキス、カミツレ花エキス、カワラヨモギエキス、カンゾウ根エキス、ドクダミエキス、ティーツリーエキス、ローズマリー葉油、 ダイステマ ダイモニウム ライト、 硫酸 マグネシウム、 トリエトキシ カプリリル シレイン、 1, 2- ヘキサンジオール、 ポリグリセリル- 2 ジポリヒド ロキシステアレート、 ラウリル ポリグリセリル- 3 ポリジメチル シロキシエチル ジメチコン、 メチル メタクリレート クロスポリマー、 ポリメチルシルセスキオキサン、 ジカプリリル カーボネート、 グリセリル カプリ レート、 カプリリル グリコール、 マイカ、 アルミニウム ヒドロキシド、 エチルヘキシル グリセリン、 パーフル オロオクチルトリエトキシシレイン、 トコフェロール、 ブチル レングリコール、 ペンチ レングリコール、 黄色 酸化 鉄、 赤色 酸化 鉄、 黒色 酸化 鉄

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク