ロクシタンのファイブハーブスリペアリングヘアミルクセラム(洗い流さないヘアトリートメント)をご紹介【口コミレビュー・使い方】

本日のブログは、ロクシタンのファイブハーブスリペアリングヘアミルクセラム(洗い流さないヘアトリートメント)のご紹介です。

自分で実際に購入した物を使った、提供なし、プレゼントでもない、ステマなしの正直レビューです。

ロクシタンのファイブハーブスリペアリングヘアミルクセラム(洗い流さないヘアトリートメント)【口コミレビュー・使い方】

本ブログの内容

  • ロクシタンのファイブハーブスリペアリングヘアミルクセラム(洗い流さないヘアトリートメント)を実際に使ってみた正直な口コミレビュー
  • ロクシタンのファイブハーブスリペアリングヘアミルクセラム(洗い流さないヘアトリートメント)の使い方

ロクシタンのファイブハーブスリペアリングヘアミルクセラム(洗い流さないヘアトリートメント)を実際に使ってみた正直な口コミレビュー

ロクシタンの洗い流さない系のものとして、私はもともとオイルタイプのものを使っていますので、そちらと比較しながらレビューします。

ロクシタンのファイブハーブスリペアリングヘアオイルの口コミレビューはこちら

まず、ロクシタンのファイブハーブスリペアリングシリーズの独特のハーブの香りですが、塗ってみた感じ、オイルよりも香りが弱めでした。私は香りの強さという点では、このヘアミルクセラムの方が好みでした。

パッケージは、チューブ式で、普通に使いやすいです。個人的には、初めて蓋を開ける時すごく硬くて開けるのに苦労しました。

テクスチャーは、ジェル状です。塗り広げやすさという面では、オイルの方が塗り広げやすく感じました。

塗った後の質感は、オイルはしっとりという質感に仕上がりますが、ミルクセラムはしっとりというよりも、ちょっと固めな感じに感じました。そして、今流行りの濡れ髪風に見えます。

翌朝の髪の質感は、塗った直後とは違い、濡れ髪風ではなくなっていて、広がらずまとまりやすい髪になっていました。

髪がまとまり、アホ毛がなくなるのは、オイルと同じです。

ロクシタンのファイブハーブスリペアリングヘアミルクセラム(洗い流さないヘアトリートメント)の使い方

洗髪後、タオルドライした髪の毛や、乾いた髪の毛に手に少しずつとって、伸ばし、髪全体になじませればOKです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク