【本音で口コミ】エスプリークのCCベース ナチュラルを使ってみた【違い】 | 本日のディナーは何かしら

【本音で口コミ】エスプリークのCCベース ナチュラルを使ってみた【違い】

本日のブログは、エスプリークの化粧下地:CCベース ナチュラルのご紹介です。

エスプリークのCCクリームは公式さんによると、単独で使うタイプではなく、あくまでファンデーションの前に使う化粧下地って感じです。

実際に使ってみたので、どんな感じか種類の違いを説明しつつ口コミレビューしていきたいと思います。

【本音で口コミ】エスプリークの化粧下地:CCベース ナチュラルを使ってみた【違い】

本ブログの内容

created by Rinker
ESPRIQUE(エスプリーク)
¥5,490 (2024/03/05 12:05:44時点 Amazon調べ-詳細)

エスプリークの化粧下地:CCベースのナチュラルを使ってみた口コミレビュー

エスプリークのCCベースは、公式さんによると、ファンデーションの前に使ってくださいってことだったので、

下地として使いましたが、

テクスチャーは特に硬くもなく、塗り広げやすい感じです。

色味は、ほぼファンデーションみたいな肌色なんですけど、塗り広げると、そこまで色を感じません。

カバー力としては、ニキビ跡は隠してくれませんでしたが、赤味はほぼカバーしてくれました。そして、使った日の私の肌は毛穴の開きが若干ありましたが、毛穴の開きがなかったことにしてくれました。カバー力は結構良いと思います。

CCベースのナチュラルは下地なので、上からファンデーション(この日はティルティルのクッションファンデ)を重ねたところ、かなり自然なきれいな肌に仕上がってくれました。すごいナチュラルな美白になった。

使用したのは夏ですが、朝塗って夕方まで乾燥してくることはありませんでした

メイクのもちについては、朝塗って化粧直しせず夕方まで過ごしてみましたが、マスクをしていない部分は、特に崩れていませんでした。ただ、マスクをしている鼻の横の頬の部分は、剥がれたのか馴染んだのか崩れてはいましたが、もともとナチュラルな仕上がりなので、あまり目立たない感じでなくなってました。すっごくガン見するとちょっとだけ毛穴落ちとかヨレとかありましたが、毛穴落ちについては、かなりガン見しないと分からないし、ヨレについては、指でちょいちょいってすればなんとかなるレベルです。

日焼け止め効果も最高で、SPF50PA++++です。夏でも安心ですね。

実際にエスプリークのCCベース ナチュラルを使ってみて、かなりよかったと思います。おすすめです。

気になるって方は、トライアルサイズも売っているので、試してみても損はないと思います。

created by Rinker
ESPRIQUE(エスプリーク)
¥5,490 (2024/03/05 12:05:44時点 Amazon調べ-詳細)

エスプリークの化粧下地:CCベースの違い【ナチュラル・カバー・モイスト】

エスプリークの化粧下地:CCベースは、ナチュラル・カバー・モイストの3種類です。

ただし、カバーは廃盤となりました。

ナチュラル・カバー・モイストの違いをそれぞれ紹介していきます。

エスプリークの化粧下地のCCベースの違い:カバー

エスプリークのCCベースのカバーは人気だったのになぜか廃盤になった商品です。

特徴としては、気になる毛穴を消してくれて、 色ムラ・くすみもカバー、13時間持続するCC下地ってことでした。

とにかく、全方位のカバー力って感じです。

エスプリークの化粧下地のCCベースの違い:ナチュラル

created by Rinker
ESPRIQUE(エスプリーク)
¥5,490 (2024/03/05 12:05:44時点 Amazon調べ-詳細)

CCベースのナチュラルは、気になる毛穴を消してくれるのに、肌になじんで素肌感まである、13時間持続するCC下地

違いは、カバー力がありながらのナチュラル感です。

エスプリークの化粧下地のCCベースの違い:モイスト

created by Rinker
ESPRIQUE(エスプリーク)
¥7,000 (2024/03/05 12:05:44時点 Amazon調べ-詳細)

CCベースのモイストは、あらゆる毛穴をカバーしてくれつつ、乾燥する毛穴もうるおって、キメふっくらツヤ肌を保つ。13時間持続する下地

違いは、やっぱりツヤな仕上がりの潤い感です。

なので、まとめると、とにかくカバーしたい人は、カバー、素肌感を演出したい方は、ナチュラル、ツヤ感を出したい乾燥しがちって方はモイストを選ぶと良いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク