木櫛(つげ櫛・ダイソーの「桃の木櫛」等)のお手入れ方法

本日のブログは木櫛(つげ櫛・ダイソーの「桃の木櫛」等)のお手入れ方法です。

美髪を作る5つの方法でもご紹介しましたが、美髪になるには、木櫛を使うことがおすすめです。毎日髪を梳かすだけで、ツヤツヤな髪が手に入る、木櫛のお手入れ方法を今回はご紹介していきます。

ダイソーの「桃の木櫛」の作り方こちら

用意するもの

  • キッチンペーパー
  • 歯ブラシ
  • 椿油

お手入れ方法

1、椿油をしみこませたキッチンペーパーで、くし全体を拭き、20分くらいおく

この作業で、表面の汚れを取っていきます。

油について、杏子油やアルガンオイル、オリーブオイル、ホホバオイル、ベビーオイル、馬油、ヘアオイルなど、使いたいオイルは多々あるかとは思いますが、櫛への染みこみという点から見ると、椿油がやはり一番おすすめです。中でも大島椿の椿油が一番手に入りやすし、一番間違いなくおすすめです。

キッチンペーパーについては、ストリックスデザインのカウンタークロスがおすすめです。キッチンペーパーとは厳密には違いますが、毛羽立たず、破れず、つげ櫛のお手入れはもちろん、キッチンやお掃除にも使えるかなり便利な一品です。普通のキッチンペーパーよりも断然おすすめです。

2、歯ブラシに椿油を付け、木櫛の間の汚れを取って、キッチンペーパーでふきとっていく

これで、椿油がなじむまで半日くらい置いておけば、完了です。

お手入れ頻度

お手入れの頻度は半年に1回くらいで大丈夫です。

あとは、櫛が乾いてきたなとか、汚れてきたなと感じた際にお手入れすればOKです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク