【本音で口コミ】セフィーヌのシルキーウェットリクイドを使ってみた【成分・使い方】

本日のブログは、セフィーヌのシルクウェットリクイドのご紹介です。

セフィーヌのファンデと言えば、渡辺直美さんが紹介したことで、有名になったコスメですよね。

私も使ってみて、口コミレビューしましたが、

今回は、同じセフィーヌから発売されているシルクウェットリクイドっていう、ちょっとクッションファンデみたいな感じの商品を使ってみたので、色味とか使った感じとかどんな感じか口コミレビューや成分、使い方などご紹介していきたいと思います。

【本音で口コミ】セフィーヌのシルキーウェットリクイドを使ってみた【成分・使い方】

本ブログの内容

セフィーヌのシルキーウェットリクイドを使ってみた口コミレビュー【色味】

セフィーヌのシルキーウェットリクイドは、もともと私がセフィーヌのパウダーファンデーションの口コミレビューをしていたところ、セフィーヌのクッションファンデについて検索してこのブログにたどり着かれる方が多発していたので、ご期待に沿ってみようかと思って検索してセフィーヌのクッションファンデを探してみたら、正確にはクッションファンデではないんだけど、クッションファンデみたいな形状のリキッドファンデーションみたいなのがあって、これかなと思って、買って使ってみました。

で、セフィーヌのシルキーウェットリクイドを使ってみたら、かなり良かったよ。

ちなみに、色味は、私は色白イエベですが、01明るい肌色で、地肌の色と全く同じくらいでした。ちなみに、パウダーファンデーションでは、OC110がちょうどよかったです。

まず、セフィーヌのシルキーウェットリクイドは、クッションファンデみたいな感じで使えるリキッドファンデーションなんだけど、塗ってみたら、結構薄付きで、伸びも良いし、塗った感じもめちゃくちゃ軽いです。

パケが普通のクッションファンデやテンションパクトと違って、1回押したら、適量が出るので、最初付き過ぎて顔が能面みたいになるってことがないから、初心者さんでも使いやすいと思う。

仕上がりは、ツヤ感が素晴らしくて、なのに素肌みたいな仕上がりです。

正直、カバー力はそんなにないと思います。肌の赤みとか、ニキビ跡とかは隠してくれません。でも、肌の色味を均一にしてくれる感じです。

そして、マスクにほぼ全然付かないです。なんか、巷でマスクに付かないって言われるファンデって結構あるけど、実際そうでもないことが正直多いんだよね。めっちゃ付くじゃんみたいな。でも、セフィーヌのシルキーウェットリクイドは、本当に付かない。マスクの縁に薄っすら付いたかもくらいで、マスクめっちゃキレイです。

その上、化粧崩れ全くしない。毛穴落ちもないし、メイク剥がれた感もないし、もはや素肌なんじゃって思うくらいだけど、クレンジングして落としたら、やっぱりメイクしてたわって驚くレベルで、マジすごいです。

肌の調子いい時にシルキーウェットリクイドを使うと、マジで肌が天才みたいに見えるし、肌の調子が良くないときでも、きれいなツヤ感の肌に見せてくれます。

使い方的に手が汚れないのも良いし、日焼け止め効果もSPF50+ PA+++っていう最高レベルだし、保湿力も高くて、湿度20%くらいの所に1日いても全然肌乾燥しませんでした。

これすごいよ。まじおすすめ。

 

セフィーヌのシルキーウェットリクイドの成分

セフィーヌのシルキーウェットリクイドの成分は、一応全部書き出してみました。間違えてたらごめん。

水、パルミチン酸エチルヘキシル、酸化チタン、グリセリン、プロパンジオール、ミリスチン酸イソセチル、スクワラン、炭酸Ca、セスキイソステアリン酸ソルビタン、トリイソステアリン、ペンタヒドロキシステアリン酸ポリグリセリルー10,ステアリン酸、水酸化AI、シリカ、シルク、加水分解シルク、ムラサキ根エキス、ベニバナ花エキス、クチナシ果実エキス、αーグルカンオリゴサッカリド、グルコノバクター/ハチミツ発酵液、ヒアルロン酸、ヒドロキシプロビルトリモニウム、加水分解コラーゲン、オリーブ果実油、アボカド油、ホホバ種子油、ヒメフウロエキス、グリチルリチン酸2K、アーチチョーク葉エキス、ハマメリス葉エキス、セラミドNG、セラミドAP、セラミドAG、セラミドNP、セラミドEOP、3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸、ビオサッカリドガムー4、ビルベリー葉エキス、フィトステロールズ、フィチン酸、水添レシチン、BG、トコフェロール、(HDI/トリめちろーるへきシルラクトン)クロスポリマー、イソステアリン酸、ステアリン酸亜鉛、アルミナ、クエン酸Na,メチルパラベン、マイカ、酸化鉄

セフィーヌのシルキーウェットリクイドの使い方

セフィーヌのシルキーウェットリクイドの使い方は、

化粧下地などでお肌を整えた後、クッションファンデみたいに使えばOKです。

パケの手前のボタンを1プッシュ押してファンデーションを付属のパフに適量を取り、お肌にムラなく伸ばして、 カバー力が足りない場合は少量ずつ付け足すって使い方です。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク